©2018 WONDER&CLOCKS All Rights Reserved.

OFF THE ROCKER & VERBAL presents RAD -Special Guest:Swizz Beatz- Supported by Reebok CLASSIC

06.29.2012

ACT:Swizz Beatz(from NY), OFF THE ROCKER(SHINICHI OSAWA + MASATOSHI UEMURA), VERBAL(m-flo)

スポンサー:Reebok CLASSIC

いまや世界のファッション/ショービズ界にも影響力を持つ21世紀型マルチ・アーティスト、VERBAL。彼がここ最近、パートナーシップを結び、様々な展開を見せているブランドがある。それがReebokの革新的なテクノロジーをリプロダクションした人気コレクション、Reebok Classic。VERBALはそのアジア・クリエイティヴ・ディレクターを務め、尖鋭的なアイディアを提供しているのだ。結果、Reebok Classicsはストリート・カルチャーからも高い支持を獲得している。一方、Reebok Classicsはワールドワイドな展開も実施。そのグローバル・クリエイティヴ・ディレクターこそが、USヒップホップ/R&Bシーンのスーパースター:スウィズ・ビーツである。今回、この2人のスペシャルな共演が日本を舞台に、奇跡的に実現した。
まさにヒップホップ/R&Bの大本命となったスウィズ・ビーツが、先日、VERBALとOFF THE ROCKERがタッグを組む攻撃型イベント『RAD』に急遽、参戦を果たしたのだ。彼の代表曲をVERBALが次々とDJプレイし、スウィズ・ビーツ自身がマイク・パフォーマンスで共演するという超豪華コラボレーションを披露。ともにReebok Classicsのアイコン的存在となっている2人だけに、途中、フロアの観客にReebokのスニーカーをプレゼントするというサプライズ演出もあり、会場の熱狂は高まるばかり。次に登場したOFF THE ROCKERもその凄まじい熱狂を引き継ぐかのように、俊敏なエレクトロニック・ミュージックを投下し、百戦錬磨のスキルとセンスを見せつけた。もう二度と訪れないであろうスウィズ・ビーツとVERBAL、そして大沢伸一による奇跡的な共演劇。VERBALの世界規模なネットワークによって実現したスウィズ・ビーツのパフォーマンスは、大沢伸一の刺激的なサウンドも相乗し、“特別なもの”となった。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

LATEST EVENT
Please reload

ARCHIVES
Please reload

TAGS
Please reload